プロテインダイエット特集について

 筋トレだけでなく、ダイエットにも効果があると言われているプロテイン。当サイトではそんなプロテインの効果や飲み方、SAVAS、ウイダー、グリコ、DNS などの人気のプロテイン情報をお届けします。特にダイエット情報では、プロテインダイエットの実践情報や、明治製菓、DHCなど各メーカーのプロテインを用いたダイエットの方法の紹介などをお届けします。もちろん、プロテインを摂取するだけでは効果がないので、軽い運動と併用するのがよいことをお忘れなく。

今、売れてる人気のプロテインはこれ!
●低カロリーで11種のビタミンと3種のミネラルをバランスよく配合。
●7種類の味も美味しく飲みやい。管理人のお気に入りはミルクココア味。
●1食分で1回の食事に必要なたんぱく質、16種類のビタミン・ミネラルとコエンザイムQ10、コラーゲン、ヒアルロン酸、オルニチン塩酸塩、食物繊維を配合。
●ぷるぷるの食感と驚きのボリューム感がありながら、すっきりと飲みやすい味。
●減量をサポートする大豆プロテイン100%使用で11種類のビタミン、カルシウム、鉄、マグネシウムを配合。
●スポーツ系プロテインの中でも、美味しく飲みやすい味。牛乳で作ると◎。
コンテンツ一覧
プロテインダイエット特集 新着情報

なぜ、プロテインを飲むと良いといわれているのでしょうか。たんぱく質は筋肉を作る原料なのですが、人間が一度に吸収できるたんぱく質の量は決まっています。これは、個人差もありますが、一度に約20gから30gという量のたんぱく質を吸収します。しかし、たんぱく質がたくさん含まれる食事を30g摂取したとしても、全てを吸収できる訳ではありません。

その何倍もの量の食事をして、やっと30gのたんぱく質を吸収するということができるようになるのです。しかし、吸収することのできなかった栄養素は脂肪になってしまいます。そのため、吸収率の高い高たんぱく低カロリーのプロテインを飲むことが良いとされています。食事の後や、運動・トレーニングの後1時間以内にプロテインを摂取すると効果的だといわれています。

栄養補給において最も大事な食事とあわせることによって、食事のたんぱく質をきちんと補完することです。食事の後が効果的な理由は、食事を摂ることによってインシュリンが分泌され、たんぱく質が素早く吸収されるからです。特に朝食ではたんぱく質を十分に摂取できる人が少ないので、朝食をとった後にプロテインを摂ることがお勧めです。それから運動の後が効果的である理由は、運動直後のたんぱく質摂取が筋肉などのたんぱく合成を高めるためです。

プロテインの摂取量についてご紹介します。プロテインは最近、人気でスポーツをする人いがいにもダイエットに取り入れているかたもいますよね。そのようなプロテインはどれくらい飲めばよいのでしょうか。プロテインは食品なので他の食品と同じようなポイントに注意して摂らなければならないものです。

よくプロテインのパッケージには、「1回あたり20~25gを・・・」というような目安量が記載されています。この目安量は、スポーツをしながら普通に食事を摂っている人であればだいたいあてはまるでしょう。細かい計算は面倒だなというかたは、この量を参考に飲んでみてはいかがでしょうか。体重や性別、生活スタイルなどによってプロテインを飲む量は変化します。

もしも、ダイエットをしているのに体重が増えてしまうとか、その反対に増量したいのに体重が落ちてしまう場合には、プロテインを飲む量を見直す必要があります。人によってタンパク質の吸収能力、そして代謝速度に差がありますので、この量だったら大丈夫だというような絶対的な数値を計算することは難しいです。しかし、生活スタイルに合わせて計算することによってある程度は正確な量を知ることが出来るのです。

プロテインのタンパク質は精製された状態で配合されています。そのため、例えば牛乳を飲むとお腹をこわしてしまう体質の人であっても牛乳から作られたプロテインは飲んでも大丈夫だという場合も多いです。しかし、それでもプロテインが体質に合わない可能性はゼロとはいえません。プロテインを飲んだら体調がおかしくなったという人は、違う原料の製品に変えるだけでも改善されることがあります。

あとはタンパク質以外の配合成分や製法が体に合わない場合もあります。プロテインの味や香りを良くするためにタンパク質と一緒に配合されている成分があります。たとえば果物の果汁や果肉、甘味料、香料などです。こういった成分がが体に合わないとイチゴ味のプロテインは体に合わないけどチョコレートなら大丈夫というようなケースもあります。

また、メーカーによって製法が異なりますので「A社のプロテインは身体に合わないけどB社なら大丈夫」ということもあるようです。どちらにしても飲んだことの無いプロテインを購入するような場合は、一度に大量に買い込まないようにしましょう。まずは少量パッケージからお試しをしてみたほうが無難だといえるでしょう。